/

西日本シティ銀行、北九州市のサステナ債に投資

西日本シティ銀行は北九州市が発行する市債「サステナビリティボンド」へ投資したと発表した。具体的な投資額は非公表とした。同市債は資金の使途を環境・社会の持続可能性に貢献する事業に特化したもので、機関投資家向けの発行額は100億円とした。同行はESG(環境・社会・企業統治)やSDGs(持続可能な開発目標)への取り組みとして、持続可能な社会を実現するため投資を決めた。

市は調達した資金を、洋上風力発電関連や豪雨災害の防災対策事業などに充てる。西日本シティ銀行はESG・SDGs債への投資を、継続して実施していく考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン