/

この記事は会員限定です

長崎市21年度予算案、2243億円 コロナ対策やデジタル化

[有料会員限定]

長崎市は16日、一般会計で2243億円の2021年度予算案を発表した。20年度にあった退職手当の積み立てがなくなったため、同年度当初予算比で0.7%減少した。PCR検査体制の充実など新型コロナウイルスの感染防止対策として8億3100万円を計上。市のデジタル化推進やふくおかフィナンシャルグループ

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り120文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン