/

この記事は会員限定です

障害者施設で相次ぐクラスター、感染予防「限界がある」

[有料会員限定]

障害者施設で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が相次いでいる。障害によってはマスク着用などの感染対策を徹底しにくい特有の事情があり、施設側は「予防には限界がある」と訴える。集団感染が起きた施設では介護スタッフらの人手が不足しており、ケアを継続する体制整備も課題となっている。

「世の中で言われているマスク着用、3密を回避できません」。北九州市の障害者施設「やまびこ学園」を運営する社会福祉法...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1584文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン