/

この記事は会員限定です

オリオンビール、海外での販売加速へ 中計見直し

[有料会員限定]

オリオンビール(沖縄県豊見城市)は新型コロナウイルス禍を受け、中期経営計画を見直す。大株主である米投資ファンド、カーライル・グループと連携して海外販売などに力を入れるほか、電子商取引(EC)を強化する。緊急事態宣言の再発令などで飲食店向けビール販売は落ち込んでいるが、台湾やオーストラリアなど海外需要が拡大していることに対応する。

早瀬京鋳社長兼最高経営責任者(CEO)が日本経済新聞のインタビューで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2283文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン