/

福岡市のオフィス空室率、9月は4%台に上昇 民間調べ

三幸エステート(東京・中央)が15日発表したオフィス市況によると、9月の福岡市内のオフィス空室率は前月から0.16ポイント上昇して4.05%だった。2カ月ぶりに4%台に上昇した。市中心部の天神で「天神ビジネスセンター」が9月に竣工したことなどの影響で、空室率が高くなった。

三幸エステートによると、新型コロナウイルスの影響によるオフィスの縮小や撤退の動きは減少傾向にあるという。また、市外から市内への移転などでオフィス需要は高まりつつある。

天神ビジネスセンターは福岡市による再開発促進事業「天神ビッグバン」による規制緩和を活用した建て替え第1号。不動産業界関係者によると、大規模ビルにもかかわらず竣工時点で約8割のフロアが埋まるほど人気が高い。

市内の1坪(3.3平方メートル)当たりの募集賃料は前月比187円上昇の1万4119円と、2カ月ぶりに上昇した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン