/

飲食5店に休業・時短を命令、福岡県  沖縄は68店

福岡県は15日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言に伴う休業や営業時間短縮の要請に応じていない福岡市の飲食店5店に休業や時短を命令したと発表した。特別措置法に基づくもので、従わない場合は30万円以下の過料を科すことも検討する。

県が飲食店に命令するのは初めて。事前に20店に通知し、要請に応じるよう求めていた。特措法では命令した店の情報を公表できるが、県は店に客が集まる可能性があるとして公表はしない。

沖縄県は休業・時短要請に応じなかった飲食68店に11日に命令を出し、ホームページで店名を公表した。特措法に基づく措置で、従わない場合は30万円以下の過料を科す。

事前に113店に通知し、要請に応じるよう求めていた。県はまん延防止等重点措置を適用していた5月にも要請に応じなかった14店に命令し、店名を公表している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン