/

この記事は会員限定です

鹿児島は焼酎で雇用創出 特区を活用し地域に活気

データで読む地域再生 九州・沖縄編

[有料会員限定]

全国でも有数の酒どころとして知られる九州・沖縄でも、特区を活用した酒造りが盛んだ。鹿児島県では焼酎造りを高齢者の雇用創出につなげ、福岡県ではソムリエ出身の農家がワインの少量生産に取り組む。佐賀県では民宿の「どぶろく」が好評を得るなど、特区生まれの酒が地産品として定着している。

鹿児島県の離島からなる三島村は、2017年に「みしま村芋焼酎特区」に認定された。黒島につくった村立村営の焼酎蔵「みしま焼...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1285文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン