/

この記事は会員限定です

東証再編で3割超がプライム選択 九州・沖縄の1部企業

[有料会員限定]

2022年4月の東京証券取引所の市場区分再編を控え、九州・沖縄でも新市場移行に向けた動きが広がっている。九州・沖縄に本社か本店を置く東証1部の約60社のうち、18日までに3割超の22社が最上位のプライム市場への移行を決めた。基準の厳格化を受けて、プライムに次ぐスタンダード市場を選択する企業も出ている。方針を決めていない企業は約4割を占め、12月の申請期限へ詰めの調整が続いている。

東証はプライム上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1236文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン