/

この記事は会員限定です

パワー半導体、九州で生産増強 欧米追い世界で競う

[有料会員限定]

電気の制御を担う「パワー半導体」の製造設備を増強する動きが、九州で広がっている。電気自動車(EV)向けという新たな市場が立ち上がり需要が伸び、ローム三菱電機などが相次ぎ投資している。半導体分野で日本は世界から遅れているとされる。パワー半導体では欧米企業を追い世界と競っていくための原動力に、九州が大きな役割を果たしそうだ。

パワー半導体は電気の流れを制御する半導体で、直流と交流を変換したり、周波...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1407文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません