/

ピエトロの21年3月期、純利益45%増 巣ごもり需要捉え

ピエトロは2021年3月期の連結純利益が、前の期比45%増の3億2000万円になったと発表した。売上高は3%増の98億円だった。新型コロナウイルスの感染拡大による巣ごもり需要を捉えてパスタソースやドレッシングの売り上げが好調で、食品事業の売上高が16%増の80億円となったことが寄与した。レストラン事業の売上高は33%減と大きく落ち込んだ。

22年3月期は連結純利益が前期比19%増の3億8000万円、売上高(会計基準変更前の計上方法)は3%増の101億円を見込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン