/

ふくおかFG系VC、NEDOと新興企業育成で連携

ふくおかフィナンシャルグループ(FG)は、傘下のベンチャーキャピタル(VC)、FFGベンチャービジネスパートナーズ(福岡市)が新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と新興企業の育成で連携すると発表した。研究開発型の新興企業を対象とするNEDOの助成事業で、FFGベンチャーが候補企業を推薦する。

NEDOとは研究や事業化に必要な資金の確保や経営支援でも連携する。支援を受ける企業は株式の希薄化を抑えながら、資金調達できるメリットがあるという。

ふくおかFGは税理士団体のTKC九州会(福岡市)と連携することも発表した。新型コロナウイルス禍で、新分野への進出や業態転換を進める企業を支援する国の「事業再構築補助金」の利用を考える企業を、共同で支援する。申請に必要な計画書の策定支援や、双方の顧客に融資や税理士の紹介などをする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン