/

この記事は会員限定です

九州沖縄地銀の4~12月期、貸出金大幅増も資金利益微増

[有料会員限定]

九州・沖縄の地方銀行20行の2020年4~12月期決算が出そろった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた国の企業向け資金繰り支援などで、日銀福岡支店によると域内金融機関の預金と貸出金の残高は過去最高水準で推移するが、貸出金や有価証券の運用による資金利益は微増にとどまった。日銀によるマイナス金利政策の長期化で、利益がそれほど伸びない実態が改めて浮き彫りになった。

20年12月末時点での貸出金残高は、前年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1810文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン