/

この記事は会員限定です

三菱ケミ系の新菱、太陽光パネル再生 北九州に新工場

[有料会員限定]

三菱ケミカルグループの新菱(北九州市)は太陽光パネルのリサイクル事業を拡充する。同市に新工場を設け、2030年度にパネルの処理能力を現在の2.5倍の年2400トンに引き上げる。環境省によれば、寿命を迎えて廃棄される太陽光パネルは30年に20年の10倍以上になる可能性がある。新工場でパネルから銀や銅をほぼ100%の純度で回収する技術を実用化し、今後拡大するパネルのリサイクル需要を取り込む。

新菱は、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り966文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン