/

この記事は会員限定です

「価格300倍で50年分買え」 九州半導体を襲う部材逼迫

シリコンアイランド 何もかも足りない(上)

[有料会員限定]

九州の半導体産業でサプライチェーン(供給網)の強化が待ったなしの課題として突きつけられている。世界的な需要の増加に加えて新型コロナウイルス禍による物流の混乱やロシアのウクライナ侵攻などで、半導体や製造装置をつくるのに欠かせない部材が入手困難になっているためだ。台湾積体電路製造(TSMC)の進出を機に「シリコンアイランド」復活への期待は高まるが、本当に九州で半導体をつくれるのか。

「通常の300倍...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1647文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

シリコンアイランド

九州で「シリコンアイランド」復活に向けた動きが広がっています。半導体受託製造の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)の熊本進出を機に、関連企業が九州に集まりつつあります。最新のニュースを伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン