/

NEC、熊本・阿蘇で顔認証の実証実験 15日から観光で

NECは熊本県と連携し、観光分野で同社の顔認証技術を活用する実証実験を15日から同県内で始めると発表した。観光客がスマートフォンにアプリを取り込み顔写真などを登録すると、飲食店や体験型プログラムをスムーズに利用できるという。12月15日まで、阿蘇地域で提供する13の商品・サービスを対象に実施する。

13の商品・サービスのチケットは県公式観光予約サイトで購入する。購入した観光客はスマホの専用アプリで事前に自分の顔を登録し、その上で利用店舗でタブレットを使って認証されると食事やドローン操縦体験といったサービスなどが提供される。

NECと県は2020年8月に連携協定を結んだ。今回の実験を通じ、新型コロナウイルスの感染防止対策をしながらの新常態(ニューノーマル)での新たな観光のあり方を提案する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン