/

「ららぽーと」九州初進出 福岡市で2022年春開業

三井不動産九州電力西日本鉄道は13日、福岡市青果市場跡地(福岡市博多区)で再開発を進めている商業施設の名称を「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」に決定したと発表した。2022年春の開業を見込む。ららぽーとは三井不動産が首都圏などで展開する大型ショッピングセンターで、九州進出は初めて。

三井不動産などが建設しているららぽーと福岡は22年春に開業する予定(7月、福岡市)

ららぽーと福岡にはKCJグループ(東京・中央)が運営する子供向け就業体験施設「キッザニア」が九州に初進出する。木製遊具等で遊べる「福岡おもちゃ美術館」も入居し、ファミリー層の来店を見込む。

青果市場跡地の敷地面積は約8万6600平方メートル。福岡市の主要幹線、筑紫通りに面し、バスターミナルを設け、福岡空港やJR博多駅からのアクセス向上を図る。跡地は18年に三井不動産と九電、西鉄が市から再開発事業者に選ばれ、20年に着工していた。青果市場は16年に東区のアイランドシティに移転した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン