/

この記事は会員限定です

長崎県、重症病床使用率低く・接種率高く コロナ対応力

データで読む地域再生 九州・沖縄編

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染対策で、九州・沖縄ではきめ細かな対応をしている県が多かった。地元の医療機関と連携して急ピッチで病床を確保したり、高齢者に加えて若者層へのワクチン接種を促進したりといった取り組みが目立った。

データで読む地域再生

長崎県は全国のランキングで5位に入った。重症者の発生を抑えた点が高い評価につながった。幅広い世代へのワクチン接種を迅速に進める一方、病床も確保していたことで8月以降の「第5波」では感染ピ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1419文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン