/

大林組、大分で水素製造の実証開始 地熱発電で水分解

大手ゼネコンの大林組は大分県九重町で、水素製造実証プラントの運転を始めた。地熱発電による電力で水を電気分解して水素をつくり、工場などに運ぶ一連の過程を検証する。国内では珍しい取り組みだといい、陸送による水素需給システムの実用化を視野に2024年3月まで実証実験を続ける。

大分県九重町で大林組が運転を始めた地熱発電利用水素製造プラント

約1500平方メートルの敷地に、地熱発電と水素製造の設備を整えた。地熱発電機は出力125キロワット。製造工程で炭素を排出しない「グリーン水素」を、重量換算で1時間に1キログラムつくれる。これは燃料電池車(FCV)を100キロメートル以上走らせられる量に相当するという。

水素はボンベに詰め、トヨタ自動車九州(福岡県宮若市)やヤンマーパワーテクノロジー(大阪市)などに供給。燃料電池式フォークリフトや燃料電池船の燃料などとして使ってもらう。水素を運ぶ車両には全地球測位システム(GPS)端末を搭載して搬送状況をつかみ、車両の発着にあわせて効率よく水素をつくることにつなげる。

式典であいさつする大林組の山本常務執行役員(大分県九重町)

運転開始・出荷式で大林組の山本裕一常務執行役員は「地域資源を無駄なく活用するモデルになれば、地域づくりの一助になる。水素への理解や知識を広げることにもつなげたい」とあいさつ。大分県の広瀬勝貞知事は「脱炭素化は世界の趨勢だ。大分発の新しいエネルギーが成果を上げることを期待したい」と話した。

大林組はニュージーランドでも同様に、地熱発電を利用した水素の製造と輸送・利用を含むサプライチェーンを構築するための研究を進めている。

九重町では清水建設も、地熱を利用した水素製造の実証プラントの建設計画を持つ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン