/

この記事は会員限定です

福岡市美術館「ソシエテ・イルフ」展 写真文化の先駆者たどる

アプローチ九州

[有料会員限定]

2021年、福岡市美術館は企画展「ソシエテ・イルフは前進する 福岡の前衛写真と絵画」でスタートした(3月21日まで)。

「ソシエテ・イルフ」は戦前の福岡市で結成された写真家を中心にした前衛美術集団で、7人の主要メンバー(高橋渡、久野久、許斐儀一郎、田中善徳、吉崎一人、小池岩太郎、伊藤研之)各々(おのおの)の履歴とともに、当時の資料と作品が紹介されている。福岡における写真文化の礎を創り、アマチュア写...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り671文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン