/

この記事は会員限定です

三好不動産、アパート経営まるごと代行 高齢化に危機感

[有料会員限定]

不動産管理大手の三好不動産(福岡市)は不動産管理信託に参入する。アパートなどのオーナーから物件の所有権を預かり、維持管理に必要な修繕計画の策定や管理会社への指示などアパート経営の業務全般を請け負う。同社が管理を受託している物件のオーナーは8割が60歳以上で建物の老朽化も進む。オーナー業務まで代行することで円滑な相続の支援と不動産価値の維持の両立を図る。

持ち株会社の三好ホールディングスが1億円を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1100文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン