/

この記事は会員限定です

牛の分娩兆候、AIカメラで検知 ひむか流通ネットワーク

[有料会員限定]

情報システム会社、ひむか流通ネットワーク(宮崎市)は畜産牛が分娩する兆候を画像認識人工知能(AI)を使って検知するシステムを販売する。まず宮崎県と鹿児島県の農家を対象に、7月1日に発売する。カメラで牛を撮影して監視する仕組みで、従来のようにモニターなどを牛に装着する必要がない。牛の負担がなく、衛生面で清潔に保てる。

販売する検知システム「牛わか」はノーリツプレシジョン(和歌山市)が北里大学獣医学部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り278文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン