/

沖縄銀行、「脱炭素」で沖縄電力と連携 

沖縄銀行は沖縄電力と、脱炭素社会の実現に向けた取り組みに関する連携協定を結んだ。沖縄電は2050年までに二酸化炭素の排出量を実質ゼロにする目標を掲げており、沖縄銀は再生可能エネルギーの導入拡大などについて協力する。

具体的には沖縄銀本店ビルでバイオマス発電などに由来する沖縄電の電気料金メニューを採用する。太陽光発電設備と蓄電池を無償で設置する、戸建て住宅向けの沖縄電のプランについても「沖縄銀の金融サービスに導入できるように協議を進める」(山城正保頭取)としている。サービスにどう組み込むかなど、実際の手法については今後検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン