/

この記事は会員限定です

佐賀大学、アートで地域再生 工芸や芸能に光

UPDATE知の現場 佐賀大学芸術地域デザイン学部

[有料会員限定]

地域にはその土地ならではの歴史や芸能、工芸が根付く。多くは注目されず、地元の人々が細々と受け継ぐのが現状だ。2016年に新設した佐賀大学の芸術地域デザイン学部は、そうした地域資産をアートなどで目を引くコンテンツにして発信している。観光資源として再生するほか、伝統の継承に一役買おうという考えだ。

「地域には有形無形の歴史的なリソースがたくさんある。活用されず眠ったままになっているのがもったいない」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1095文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン