/

ふくおかFG傘下のデジタル銀、個人向けローン提供開始

ふくおかフィナンシャルグループ(FG)傘下のデジタル専業銀行「みんなの銀行」は12日、個人向けローンサービスの提供を同日始めたと発表した。借り入れの過程は全てアプリで完結し、一定の条件を満たせば年収を入力するだけで審査が完了する。ローンの収益化で2024年3月期の黒字化を目指す。

対象は20~69歳の収入のある顧客で、使い道は事業以外であれば自由。利用したい人はアプリの画面に年収を入力すると、最短2分でみんなの銀行が借入金利や上限額を提示する。

金利は年1.5~14.5%の範囲で、年収や外部の信用情報をもとに0.1%刻みの130段階で提示する。上限額は10万~1000万円で、利用限度額が50万円超の場合は追加で源泉徴収票など年収を証明できる書類を撮影してアップロードすることが必要で、この審査には数日かかることがある。

元本の返済額やスケジュールもアプリ上で自ら決められる。利息分は毎月末までにアプリから支払うか、自動での引き落としとなる。

みんなの銀行は1980年代以降に生まれた「デジタルネーティブ世代」を主なターゲットとして事業を展開している。口座開設時の本人確認なども全てアプリで完結するよう設計している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン