/

生産計画を自動で作成、スカイディスク 中小の工場向け

人工知能(AI)関連技術を開発するスカイディスク(福岡市)は、中小の製造業が工場などの生産計画を自動で作成できるシステムを開発した。納期や生産個数、担当する社員などの情報をパソコンで入力すると、納期までの最適な計画を組み上げる。他社のサービスより低価格で導入できるとし、10月にも発売する。

新サービス「最適ワークス」は、例えば受注時に納期やシフトに入る社員、生産個数などの情報を入力すると、1日ごとの生産計画を自動算出する。取引先から急な注文が入った場合も、納期や生産数などを追加すれば全体の計画を組み替えられる。

生産計画の作成は在庫量の調整や円滑な出荷に欠かせないが、人員の少ない中小企業では負担が大きい。自動化の費用は会社によって分かれるが「自社でシステムを開発する場合は1000万円以上かかることも多い」(同社の担当者)。高額な点も導入の壁となってきた。

専用ソフトなどは不要で、インターネットのブラウザ上で操作できる。初期費用は30万円から、月額の使用料は5万円からで、中小企業でも導入しやすいよう費用を抑えた。九州や首都圏のメーカー向けに販売する。

同社は2013年の創業以来、AIによる不良品検知など製造業や物流業向けのサービスを提供している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン