/

鹿児島県で鳥インフルの疑い さつま町の養鶏場

鹿児島県は12日、さつま町の養鶏場で鶏が死んでいるのが見つかり、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。この養鶏場では約3万3千羽が飼育されている。確定すれば県内の養鶏場では今季初めてで、国内では15県目となる見通し。

鳥インフルエンザの対策本部会議で発言する鹿児島県の塩田康一知事㊧(12日、県庁)=共同

県によると、12日午前に養鶏場から「普段より多くの鶏が死んでいる」と通報があった。2度の簡易検査はいずれも陽性で、同日午後から確定検査を実施している。半径10キロメートル圏内には41の養鶏場があり、計約195万5千羽が飼育されている。

県は緊急の対策本部会議を開き、塩田康一知事は「養鶏は本県の基幹産業で、他の農場へのまん延は阻止しなければならない」と強調した。

県内では今季、出水市内で野鳥のふんなどから高病原性鳥インフルエンザウイルスが相次いで検出されていた。

畜産統計(2019年2月)によると、全国のブロイラー飼育数約1億3800万羽のうち、九州での飼育数は計約7千万羽と約半数を占める。鹿児島は2797万羽で宮崎に次いで全国2位。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン