/

JR九州系ホテル、初のスイート 熊本駅ビルに4月23日開業

JR熊本駅ビルの上層部に23日開業する、JR九州ホテルズの「ザ ブラッサム熊本」の客室など内部が公開された。同ホテルズでは初となるスイートルームを含め、全203室ある。長期滞在客の取り込みを狙い、客室を広めに設定した。

スイートルームには熊本県出身の書道家、武田双雲氏の書も(熊本市)

ホテルは駅ビルの9~12階に入る。シングルタイプはなく、客室の平均面積は約27平方メートルある。室内面積が126平方メートルあるスイートルームは、畳や浴室など部材に県産品をふんだんに使った。窓からは八代海まで一望できる。価格はシーズンによって変動し、1泊20万円から。

同ホテルズの松本淳也社長は「単にホテルに泊まるだけでなく、ここを拠点に熊本を楽しんでもらえるような施設にしたい」と意気込みを述べた。

ザ・フォレストテラス熊本の披露宴会場は最大220人収容(熊本市)

ホテル内の結婚式場はザ・フォレストテラス(熊本市)が運営する。披露宴会場は最大220人を収容できる部屋を2つ用意した。JR熊本駅直結という立地を利点に、県内全域を営業エリアにする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン