/

この記事は会員限定です

検査記録や見守り、ITで効率化 九州の医療・介護現場で

[有料会員限定]

福岡のソフト開発会社や調剤薬局が、ブルートゥース(近距離無線通信)やセンサーなどのIT(情報技術)を生かし、医療・介護現場の業務効率化につなげるサービスを相次ぎ開発している。血圧や体温などの記録を自動化したり、体調変化を自動で通知したりするサービスで、人手不足に悩む現場の省力化に役立てる。新型コロナウイルスの感染拡大などで医療・介護現場の負荷は高まっており、デジタル技術の活用で負担軽減を後押しする...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1183文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン