/

この記事は会員限定です

宮崎・新富町の畜産農家、スマート化で労力4分の1に

データで読む地域再生 九州・沖縄編

[有料会員限定]

九州・沖縄では2019年度までの10年間で、農林水産業のエネルギー消費を全国平均(29.6%減)を上回る32.1%削減した。高齢化や担い手不足が深刻なこともあり、ロボットなどを活用して省力・省エネ化する動きが広がる。宮崎県新富町の畜産農家は自動化で、作業にかかる労力を減らした。福岡県や熊本県では官民が連携して「スマート農業」の実現を目指す。

エネルギー消費の削減率が九州・沖縄8県で最も大きかった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1192文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン