/

久原本家、大丸福岡天神店に麴専門店を出店

「茅乃舎」ブランドなどの調味料を製造する久原本家グループ(福岡県久山町)は12日、麴(こうじ)専門店を大丸福岡天神店(福岡市)に開店した。麴の割合が多い麹味噌や麴ドリンクなどを販売する。健康への関心が高まっており、健康志向の高い女性客などの取り込みを狙う。

店舗は久原本家が新たに展開する麴の専門ブランド「茅乃舎 麹蔵」の商品などを販売する。店舗面積は約25平方メートルで、麴商品のほかにだし関連の商品も含めて35種類ほどを販売する。

「茅乃舎 麹蔵」ブランドのうちの「茅乃舎 濃麹味噌四十五割」(300グラム入り、972円)は通常の味噌より麴の割合が高く、甘みやコクが強いのが特徴だ。また「茅乃舎 飲む麹」(プレーン、702円)はお湯や炭酸などで割って飲む麴ドリンクで、砂糖不使用ながら甘酸っぱく、飲みやすくしているという。味はほかに「あまおう」「日向夏と柚子」もある。

麴ブランドの商品は大丸福岡天神店の他、玉川高島屋ショッピングセンター(東京・世田谷)の店舗でも販売する。11月末からは通信販売もする。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン