/

この記事は会員限定です

福岡・田川のピアニスト、吉武優 多彩な領域で深化極め

アプローチ九州

[有料会員限定]

リサイタルの黒子に喝采が送られた。北九州市出身・在住のクラリネット奏者、松川久美子を支えたピアニスト、吉武優である(5月30日、福岡県直方市での直方谷尾美術館第39回室内楽定期演奏会)。 

弦・管楽器のリサイタルで聴く楽曲の多くは、メインの楽器以上に、ピアノが音楽・合奏の基盤を担う。吉武はその大役を果たし、各曲の時代と個性を見事に描いた。福岡県田川市の出身も相まって、聴衆はこの地域発の気鋭を心から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り490文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン