/

この記事は会員限定です

鹿児島の焼酎蔵、ウイスキーに挑む 舞台は世界の愛好家

クリック

[有料会員限定]

ジャパニーズウイスキーの新しい風が南から吹き始めている。けん引役は鹿児島県の焼酎メーカー。焼酎で培った発酵や蒸留の技術を武器にウイスキー事業へ参入。本坊酒造(鹿児島市)が2020年4月に鹿児島産シングルモルトウイスキーを発売したのに続き、小正醸造(鹿児島県日置市)や西酒造(同)からも相次いで登場する見通しだ。「KAGOSHIMA」がウイスキーの産地として世界の愛好家に認知される日が近づいている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1164文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン