/

この記事は会員限定です

大分の「とんかつ とん樹」 県産豚、菜種油で軽やかに

九州味めぐり

[有料会員限定]

大分県は豚の産出額が2020年で全国19位。首位鹿児島県や2位宮崎県に産地としての存在感で劣るが、おいしく食べさせる店は無論ある。県庁に近い大分市中心部の「とんかつ とん樹」もその一つ。15日に開業5年の節目を迎えた。28人が座れる店は平日は近隣のビジネス客、土曜は家族連れでにぎわう。

使う豚肉は「桜王」の生肉のみ。県北・国東市「安岐農場」産のSPF豚で、豚特有の臭みがない。店主の梶原智樹さんと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り442文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン