/

この記事は会員限定です

水素社会へ千里の道 下水活用ステーション、採算は不問

九州エネルギー考

[有料会員限定]

自動車も船も飛行機も燃料は水素――。そんな社会はやってくるのか。福岡市は今秋、下水からつくった水素を燃料電池自動車(FCV)向けに販売する施設の運営を始めた。採算は問わず、あくまでも啓発に重きを置いた取り組みとなる。脱炭素の切り札ともいわれる水素には製造面でも利用面でもまだまだ課題が多い。遠い道を行く一歩一歩が続く。

下水汚泥から発生する「下水バイオガス」から不純物を除去してメタンガス(CH4)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1255文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生可能エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、連載企画やデータ解説を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません