/

ふくおかFG、福岡中央銀行と経営統合 中小融資を強化

think!多様な観点からニュースを考える

福岡銀行などを子会社に持つふくおかフィナンシャルグループ(FG)は11日、福岡県を地盤とする福岡中央銀行と経営統合に関する基本合意を締結したと発表した。2023年10月1日に株式交換を実施して福岡中央銀を完全子会社化することを目指す。福岡中央銀は福岡証券取引所を上場廃止となる見通し。両行の営業エリアに多い中小企業へのアプローチを強化する。

ふくおかFGは傘下に福岡銀と熊本銀行、長崎県地盤の十八親和銀行の地銀3行を持ち、福岡中央銀が4行目になる。福岡銀は福岡中央銀の筆頭株主で、現段階で14.4%を出資している。福岡中央銀の現頭取はふくおかFG出身者だ。

福岡中央銀は中小企業を中心とする融資に強みを持つが、デジタル化への対応などに課題があった。本部機能の集約や銀行事務の共同化など、業務をふくおかFGに委託し、中小企業の融資を強化・開拓する。福岡銀と福岡中央銀の両行の合併は、「それぞれの強みをいかした事業展開」をするため実施しない。

ニューズレター

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません