/

この記事は会員限定です

福岡県知事に服部氏、コロナ下の経済再建 指導力不可欠

[有料会員限定]

11日投開票された福岡県知事選は、前副知事の服部誠太郎氏(66)が初当選した。新型コロナウイルス禍のさなか小川洋前知事が病気で辞任し、トップ不在という「非常事態」で県民は「小川路線」の継承を選択した。同県初の県職員生え抜き知事となる服部氏には、コロナ拡大を防ぎ地域経済を立て直すため、強いリーダーシップが求められる。

喫緊の課題は「第4波」への備えだ。1日あたりの新規感染者はこの1週間で平均50人弱...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1204文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン