/

この記事は会員限定です

業績予想上振れ3割、九州・沖縄51社の21年3月期

中国回復やテレワークが追い風

[有料会員限定]

2021年3月期の業績予想を上方修正する九州・沖縄の上場企業が相次いでいる。18日までに決算発表した51社のうち、16社(31%)が経常損益の見通しを引き上げた。中国経済の回復やテレワーク需要の拡大を追い風に、製造業などが業績を伸ばしている。一方で、運輸や外食は新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言再発令で厳しい状況が続いており、業績予想を依然公表できない企業もある。

九州・沖縄に本社を置く51社(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1213文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン