/

この記事は会員限定です

九大水素エネルギー国際研究センター 燃料電池車を研究

[有料会員限定]

水素エネルギーの世界有数の拠点として注目を集めるのが、九州大学の水素エネルギー国際研究センター(福岡市)だ。走行時に排出するのは水だけで「究極のエコカー」とも呼ばれる燃料電池車(FCV)の開発を、企業と連携して進めている。

同センターは2004年に設立された水素利用技術研究センターが前身。東京ドーム57個分の広い敷地を持つ大学のキャンパスを生かし、水素と空気中の酸素を反応させて電気を発生させる燃料...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り854文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン