/

この記事は会員限定です

熊本大学、TSMC進出で半導体人材を育成

UPDATE知の現場

[有料会員限定]

熊本大学(熊本市)が半導体人材の育成に全力で挑んでいる。半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)による日本への工場進出が決まっておよそ1年。熊本県菊陽町では約1兆円を投じた半導体工場の建設が急ピッチで進み、半導体産業に従事する人材の育成は待ったなしの状態だ。熊本大は2024年度、半導体関連人材らを育成する学部相当の「学環」を新設する計画も進めている。

「100年に1度のチャンス。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1096文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません