/

この記事は会員限定です

第一交通、運転手2000人中途採用 コロナ後見据え確保

[有料会員限定]

第一交通産業は運転手を約2000人、新たに中途採用する。新型コロナウイルス禍でタクシー需要は落ち込んでいるが、ワクチン接種が進み、感染が落ち着けば再び人材不足が強まるとみて通常と別枠で採用する。他の企業の従業員が副業として勤務する働き方の導入も検討する。タクシー大手ではMKグループも2000人を採用する計画。コロナ後を見据えた人材確保の動きが、人手不足が課題となってきた業界で今後活発になりそうだ。

田中亮一郎社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1135文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン