/

この記事は会員限定です

初売り、コロナで様変わり 九州百貨店 売り上げ3~5割減  

[有料会員限定]

九州・沖縄の初売り商戦や年末年始の旅客需要は、新型コロナウイルス禍で例年と様変わりした。百貨店では福袋をインターネットで事前販売するなどしたが、来店客の減少で初売りの売上高は前年同期比3~5割減った。新幹線の乗降駅や空港では帰省客や観光客が少なく、閑散としていた。各社は感染防止に努めつつ需要の掘り起こしに知恵を絞るが、首都圏では今週内にも緊急事態宣言が再発令される見通しで、先行き不透明な状況が続い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1691文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン