/

この記事は会員限定です

九州地銀でBaaSの号砲 ネット決済、安い手数料強み

[有料会員限定]

九州の地銀グループで、外部の事業会社に銀行システムを提供する「BaaS(バンキング・アズ・ア・サービス)」への取り組みが始まった。西日本フィナンシャルホールディングス(FH)とデジタル専業のみんなの銀行が、電子商取引(EC)サイトなどに提供を開始。手数料を抑えられる安価な決済手段として拡充を目指すほか、銀行業務の基幹システムの外販にも乗り出す。

BaaSとは、銀行などが預金や融資といった金融サー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1451文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません