/

沖縄県、全域に時短要請 「まん延防止」に合わせ

記者会見する沖縄県の玉城知事(10日夜、県庁)

沖縄県の玉城デニー知事は10日夜の記者会見で、県内全域の飲食店などに12日から営業時間を午後8時までとするよう要請すると表明した。県民に不要不急の外出自粛も求める。緊急事態宣言に準じる措置をとれる「まん延防止等重点措置」を那覇市など9市に適用することに合わせて感染防止対策を強める。

10日に開いた対策本部会議で決めた。玉城氏は医療体制の逼迫や変異ウイルスの増加を踏まえて「一刻の猶予も許さない重要な局面を迎えている」と述べた。県内全域への時短と外出自粛の要請は、1~2月に県独自の緊急事態宣言を出して以来となる。

5月5日までの全期間、時短要請に応じた事業者へ協力金を出す。重点措置の対象地域の中小企業は売り上げ規模に合わせて96万~240万円、大企業は売上高の減少幅に応じて480万円を上限に支給する。他地域は一律96万円。

県は1日から沖縄本島の20市町村の飲食店などを対象に、午後9時までの時短を求めていた。当初は21日までの3週間を予定していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン