/

この記事は会員限定です

長崎のIR運営、優先交渉者は「カジノ・オーストリア」

[有料会員限定]

カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を目指す長崎県は10日、設置運営の優先交渉権者をオーストリア企業「カジノ・オーストリア・インターナショナル」の日本法人「カジノ・オーストリア・インターナショナル・ジャパン」に決定したと発表した。今後同社と詰めの協議をし、8月中の基本協定締結を目指す。

カジノ・オーストリア・インターナショナルは世界で、215カ所のカジノの運営実績があるという。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り189文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン