/

九電工と九州大学、脱炭素やDXで包括連携

九電工は10日、九州大学と産学連携の協定を結んだと発表した。脱炭素やデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進につながる技術を、建設業界での活用を見据えて共に開発・実用化していく。まずは蓄電池を使って再生可能エネルギーを生かす仕組みの構築や、設計・施工・計測などに使うロボット技術を開発する。

同日、九大伊都キャンパス(福岡市)で調印式を開いた。出席した九電工の佐藤尚文社長は包括提携により「経営やDXの戦略を練る部門を含め、組織として一緒に勉強して知見を得られる」と説明した。大学の新技術や学術データを使い、ロボットなどの機器だけでなく、制御の仕組みなどソフトの開発でも連携する。また、同大学が持つデザイン分野など幅広い領域で連携先を探る方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン