/

この記事は会員限定です

鳥飼八幡宮の山内宮司、フェスやマルシェで活性化

興すパーソン

[有料会員限定]

福岡市中央区にある鳥飼八幡宮が、音楽フェスを開いたり、地元農家と組んで野菜販売のマルシェを開催したりして、全国から参拝者を集めている。宮司の山内圭司さんは縁日や夏祭りといった伝統的な催しにとらわれず、「時代に合わせたイベントを開くことで、少しでも地域活性化につなげたい」と話す。人口減で氏子が減るなか、地域で神社が存続していくための形を探っている。

秋の例祭の直会として毎年10月に開く音楽イベント「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り904文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン