/

福岡の金融実務者が交流、効果的な取引先支援目指す

福岡財務支局は9日、福岡県内の金融機関や商工会議所、九州経済産業局などが参加する「福岡地域しんこうコンソーシアム」の初回会合を開いた。実務者間の情報交換を通じて中小企業支援の手法や各機関の支援プログラムについて金融機関の担当者が理解を深め、新型コロナウイルス禍や物価高に苦しむ取引先を効果的に支援できるようにする。

初回会合には県内の地銀5行、8信用金庫、福岡県信用組合のほか、福岡商工会議所などが参加。商議所の事業者支援の状況について説明を受け、意見交換した。

今後は2カ月に1回のペースで開催し、2023年2月の次回会合は中小企業庁の企業支援プログラムについて九州経済産業局が解説する見通し。あいさつした福岡財務支局の小川恭史理財部長は「事業者支援の実効性を高めていけるような会合を県内各地区で開いていきたい」と話した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

地方銀行や信用組合、信用金庫の最新ニュースをまとめました。人口減少が進む地方で経営統合による経営力強化や新規事業、地方企業育成などを進める各金融機関の最新ニュースや解説をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません