/

この記事は会員限定です

福岡知事は原発性肺腺がん 入院延長、副知事が代理継続

(更新) [有料会員限定]

福岡県の服部誠太郎副知事は9日、県庁で記者会見し、入院中の小川洋知事が「原発性肺腺がん」と診断されたことを明らかにした。12日の職務復帰を目指していたが、入院を延長し、3月末まで服部副知事が職務代理を続ける。

服部副知事によると、7日に小川知事と面会し直接説明を受けた。せきや胸水がたまるなどの症状が出ているという。会話に支障はなく「1日も早く復帰できるよう頑張る」と話しているという。

小川知事は2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り229文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン