/

この記事は会員限定です

三和酒類拝田グリーンバイオ事業所 焼酎かす食品原料に

九州・沖縄 拠点を探る

[有料会員限定]

本格麦焼酎「いいちこ」の三和酒類(大分県宇佐市)は発酵技術と創意工夫を通じ、消費者へ新たな価値を提供することに挑んでいる。麦焼酎を造る際に出る焼酎かす(大麦発酵液)の有効活用もそうした取り組みの一つだ。宇佐市内で2009年に操業を始めた「拝田グリーンバイオ事業所」はその専用拠点であり、食品・飼料の原料を生産し、温暖化ガス排出量の削減を実現している。

三和酒類は大分県内に4つの製造拠点を持つが、敷地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り902文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン