/

熊本市のワクチン接種、11月末完了見通し

熊本市は新型コロナウイルスのワクチン接種について、希望する64歳以下の市民を対象にした接種計画を公表した。12~64歳の約45万人について年齢層によって4期に分け、7月下旬から1回目の接種を始める。すべての希望者への2回の接種を11月末までに終える見通しだ。

市はワクチン供給量について国から具体的な情報提供はないものの、早期の接種完了を目指して計画を策定したとしている。6月18日から64歳以下の市民に順次接種券を送付する。60~64歳と基礎疾患のある人は7月10日から予約を始め、その後45~59歳、30~44歳、12~29歳の順に対象を拡大する。1回目接種は10月17日までとしている。

市は宿泊施設を活用し、市内の中小企業の従業員らを対象にした集団接種の実施も検討していることを明らかにした。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン